西日本 新聞 ニュース。 【速報】馬毛島調査で鹿児島県を提訴へ 隣接する種子島の漁業者ら(西日本新聞)

福岡空港に韓国からの旅客便 8カ月ぶりに到着(西日本新聞)

国が恣意(しい)的に運用する仮放免だが、施設を出ても在留資格を失ったままでは就労できず、国民健康保険にも加入できない。 従う以外に何があるのか? 総理は、今回の一件について、「前例踏襲でいいのか」と再三、口にしているが、「前例踏襲」と「法律遵守(じゅんしゅ)」の区別さえつかないとすれば、総理大臣や国会議員の資質を欠くことはおろか、一国民としてもまったく非常識である。 疑惑や金銭問題は安倍氏も吉川氏も自ら説明する以外に方法はない」。 男性には帰国できない理由がある。 総理に法的に拒否権はないのである。

>

インフルワクチンの希望者急増 専門家「12月でも間に合う」(西日本新聞)

高島氏は「GoToが関係あるとかないとかで政府を批判しておしまいではない。 塩田知事は11月27日に、防衛省の申請を許可した。 第3波を受け、飲食店の営業時間短縮要請などが打ち出され、関係者からは悲鳴が上がる。 (布谷真基).。 現に過去2回、そうしてきたはずであり、気に食わないからといって法を犯し、そのあとで、国民に追認しろ!などと迫るのは言語道断である。 記者が行政への相談を勧めても、「年内に仕事が見つかれば何とかなる」と拒んだ。

>

【日本学術会議問題】 平野啓一郎さん|【西日本新聞ニュース】

政府は島全体を自衛隊基地として整備し、米軍空母艦載機による陸上空母離着陸訓練(FCLP)を受け入れるとともに、対中国を念頭に置いた展開拠点とする計画を進めている。 「ある男」で読売文学賞。 データ・マックスではAとOのLINE通話の内容を入手した。 希望者が例年より早く接種しているのが一因では」と話す。 ある若手議員は不安げにつぶやく。

>

「GoToと感染拡大相関ない」 福岡市長 定例会見で見解|【西日本新聞ニュース】

同団体によると、毎週の弁当配布に並ぶ人は150〜180人。 このセクハラ事件をめぐっては、Oとともに解雇されたAが「処分が甘い」と異議を申し立てており、そのためか「毎日新聞にリークしたのはAだ」という噂が社内で広がっていた。 NHKのニュースウオッチ9に出演した菅総理は、キャスターから、6人の会員の任命を拒否した理由の説明を求められると、「説明出来ることと、出来ないことってあるんじゃないでしょうか」「105人の人を学術会議が推薦してきたのを、政府が今、追認しろ、と言われるわけですから!」などと、机を叩(たた)く身振(みぶ)りで怒りを露(あら)わにした。 理不尽が大嫌い」などと自己紹介していた(同アカウントは削除されている)。 京都大在学中に「日蝕」で芥川賞。 北九州市長に関する著作もあり、有能な記者として社内外でも知られる存在だった。 「カップ麺一つで一日を過ごすこともある」という。

>

JR西日本に関するトピックス:朝日新聞デジタル

一時、100人を超えた大村入国管理センターの収容者数は10月末時点で37人に激減している。 その後、AとOのLINE通話の内容が明るみになり、毎日新聞へのリークとともに勤務実態と異なる行動をしていたことがわかって懲戒解雇処分を受けたとみられる。 」 慌てて「証拠隠滅」を図っていることがうかがえるメールだが、すでに西日本新聞内部の有志記者たちが、データ・マックスを含めた他のマスコミへの情報提供を始めている。 日本に身寄りはなく、海外に住む家族からの仕送りが命綱。 解雇されたのは、47歳の男性記者「A」と女性記者「O」の2人。 「お金に困っている」「住む場所がない」と助けを求められるが、今は自分が生きることで手いっぱいだ。 韓国在住で長男(0)を連れて宮崎県の実家に帰省する女性(32)は「感染者が増えているので不安はあるが、家族とゆっくりしたい」と話した。

>

【スクープ】西日本新聞社の記者が社内不倫で懲戒解雇? 派閥抗争の余波か:【公式】データ・マックス NETIB

「こんな失態、疑惑が続けば政権も一気に下火になり、国民にそっぽを向かれる」 (郷達也、河合仁志). Aは宮崎市出身で、中央大学を卒業後に西日本新聞社に入社した。 収入はない。 北九州市は夏から卸業者に対し、早期のワクチン確保を要請していた。 アシアナ航空は12月まで毎週月曜に福岡-仁川の往復便の運航を予定。 垣田准教授は「困窮の要因は複合的に絡み合っており、相談につながっても減収に給付金や貸付金を充てるだけでは解決しない。 韓国のアシアナ航空は23日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で見合わせていた仁川(ソウル)発福岡行きの旅客便の運航を約8カ月ぶりに再開した。

>

“政治とカネ”政権に痛手 安倍氏に厳しい目線「本人が説明を」(西日本新聞)

本情報サービスの内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではなく、情報によって生じたいかなる損害についても、朝日新聞社、東洋経済新報社および情 報源は一切責任を負いません。 世界の感染者数が7千万人に迫り、死者数も150万人を超す中、日中の外交筋は「中国の初動の遅れが世界的流行を招いたとの国際社会からの批判と、習近平指導部への国内の不満をかわそうとしている」と解説する。 「武漢で最初に流行したからと言って発生源とは限らない」。 既に670もの学術団体が抗議し、野党が批判し、法律の専門家らが問題を指摘している通り、日本学術会議法は、総理が、学術会議の「推薦に基づいて」、その会員の任命を行うことを定めている。 九州各地の目的地に向かった。 だが「桜問題」の再燃により、安倍氏の「再々登板」を望む声は一気にしぼむ。

>