リッチー エブリデイ。 ウガンダ発「リッチー・エブリデイ」のポップアップストアに注目!

【エコバッグまとめ】コンパクト、保冷機能、デザイン豊富・・・世界のエコバッグ10選

0588• 「日本のようにこれだけ選択肢がある事はやはり幸せなことで、日本の女性には選べることや多様性を楽しみながら生きて欲しいと思いますし、『選択肢があることは当たり前ではない』ということを知るだけでも、世界に目を向けるきっかけになると思います。 出会いのきっかけは、ブランドのアイコンでもあるAkello Bag 4way(アケロバッグ)に一目ぼれしたこと。 VRなどを通じて、よりリアルに理解していただける機会を設けます。 自分自身もファッションが好きだったので、起業するのであれば自分の好きなことで起業したいとも思いました。 欧米市場も見据えたい」とし、さらに、紛争を経験した周辺国での活動も視野に入れていると話した。

>

【ファンづくりの秘訣】〈RICCI EVERYDAY(リッチー・エブリデイ)〉RICCI EVERYDAY/NGO経験からウガンダで商品生産

そして何より心に残ったのが創業者である仲本千津さんという女性でした。 0542• カラフルでプレイフルなアフリカンプリントの布を使って、バッグやトラベルグッズをつくっているブランドです。 サイト運営者の仲本千津氏 アフリカンプリントの生地を使ったバッグやトラベルグッズのECサイト「RICCI EVERYDAY(リッチー・エブリデイ)」を運営するリッチーエブリデイ(本社静岡県、仲本律枝社長)は15年からECを展開し、ウガンダの工房で作られた商品を日本で販売している。 「リッチー・エブリデイ」が掲げているミッションは「世界中の女性が自らのポテンシャルに気づき、意志と誇りをもって生きる世界を実現すること」。 0600• アフリカンプリントとの出会いは、NGOの活動の一環でウガンダを訪れたことがきっかけ。 html 本記事は「」から提供を受けております。

>

エシカルなおしゃれ ウガンダのシングルマザーが手作りするバッグ「RICCI EVERYDAY(リッチー・エブリデイ)」インタビュー

0619• 0590• 思った以上にしっかりした素材で、底にはスナップボタンもついていてクラッチとして持つ時は留めて使うことができます。 0531• 内側はダブルガーゼ。 2018年度CHIVAS VENTURE。 0523• 現地で念入りに水洗いと塩水洗いをし、丁寧にアイロンをかけた布地を日本へ持ってくるので、色落ちの心配もありません。 アフリカでの雇用を生み出しながら、日本のお客さんの心を明るくする魅力的なバッグを届けるというビジネスモデル。 原色の鮮やかな色使いと、大胆な柄が特徴的だ。

>

リッチー・エブリデイ 代官山に直営店を開設、ウガンダ発ブランドを発信

今回のポップアップストアでは、定番の アケロバッグシリーズのほか、旅行時や普段使いにもぴったりのポーチやトラベルグッズを販売。 コットン100%ですが、プリントの方法によっては柔らかさが異なったり、糊がしっかり付いているものなどもあります。 (写真提供:仲本千津) 編集部メンバーからは、「丁寧な手仕事による立体裁断・縫製で、顔にきちんとフィットするのに呼吸もさまたげないので、長時間着けていてもラク! 内側のダブルガーゼは優しい肌ざわり」「洋服やバッグとのコーディネートも楽しめるマスクって素敵な発想ですよね」という声があがりました。 0605• 筋の通ったエシカル(倫理的)なおしゃれを選びたいという、今の気分にもなじみます。 このほど東京・代官山に日本初の直営店を開設。 また、2019年8月にはアフリカ開発会議 TICAD が横浜で開催されるなど、アフリカへの注目が高まる年になると予想されます。

>

ウガンダ発【RICCI EVERYDAY】世界で唯一のハンドメイドバッグを

0590• 0612• 0620• 仕事を捨ててまで行くのか?家族はどうするのか?と考える『余白』ができ、短絡的な思考や自暴自棄に陥ってしまいそうな時に引き止められる要因になる。 すると家族としてもコミュニティーとしてもなかなか豊かにならない…。 小物やアクセサリーの販売のほか、好きな布を用いてオーダーメイドのワンピースなどを作ることも。 2019-20年秋冬シーズンに向けても、マニッシュな凜々しさや品格を備えた華やかさなどを印象づける装いが相次いで提案されています。 すでにテレビ局やプロスポーツチーム、大手住宅関連企業など幅広い業種から引き合いがあるという。 しかしアフリカは、ネガティブなことだけでなく、素晴らしい魅力にも溢れた場所です。

>

【エコバッグまとめ】コンパクト、保冷機能、デザイン豊富・・・世界のエコバッグ10選

サイト上でさまざまな布を閲覧できたり、商品をカスタマイズできるようにするなどして「店頭とオンラインストアをとシームレスにしていく」 仲本COO という計画だ。 05ミリ、世界最軽量の22グラム 「NANOBAG(ナノバッグ)」 エコバッグ「NANOBAG」は、2017年夏にアメリカのメーカー・tiptopthings社がクラウドファンディングで開始したバッグで、厚さは0. リチュアル 儀式 のスタートは崇高なアロマブーケの香りから クレンジングを始める前に「」の香りを感じながら、ゆっくり3回深呼吸をしましょう。 初のポップアップの時、地元メディアや他の百貨店のバイヤーの目に触れ、テレビ取材を受けたり、別の百貨店でのポップアップも次々と決まり、瞬く間に全国へその名を轟かせたのでした。 「とくに、コロナ禍で苦しい生活を強いられ、自責の念に駆られる女性たちに、マスク作りを通じて周囲の人や社会とのつながりを実感しながら、自分という存在がかけがえのない大切な存在であることを再認識してほしいという思いで名づけました」(仲本さん)。 「RICCI EVERYDAY」の日本直営店舗を「日本にいながらアフリカを体験できる場所」として、アフリカの魅力を体験・発信する場所にしていきたいと考えております。

>