近親 相姦 体験 告白。 父と体を重ねました

父と体を重ねました

母は淡白な人で、たまに自宅に帰ってきた父が求めてもムードも恥じらいもないし、ほぼセックスレス。 『お願い。 今度は大きくなった父のペニスを受け入れる事が出来ると思うととても楽しみです。 それでも、生なので父の体温がダイレクトに伝わってきて、また柔らかいながらも自分の膣壁の肉が広げられる感覚に私は思わず小さく声を出していました。 しだいに、私が高校生くらいの頃から娘であると同時に女である事を意識し始めていたのだと、行為が終わった後告白されました。 鳥肌が立ち、自分が自分でいられないような。

>

父と体を重ねました

ただ、とてもゴムをつけれるような状態ではなかったので、上からまたがり父のものを自らのまんこに入れました。 少しだけ、勃起し始めていました。 思えば、この瞬間私の理性も崩壊したのだと思います。 イヤァ、アァン・・と足をばたつかせて喘ぐことしかできなくなりました。 父のペニスはなかなか大きくなりません・・心と体が一致せず、父ももどかしいようです。 浴槽から出たとき。

>

父と体を重ねました

すごく嬉しいよ』と至福の表情を浮かべていました。 それからつよく抱きしめました。 全く大きくはなっていませんがイキそうになったらしく慌てて私から抜き、 『ありがとう。 長文読んでいただいた方、どうもありがとうございました! 奏様ご投稿ありがとうございました! 関連: 関連: 関連:. 首、乳房、耳・・・耳があんなに感じるとは思いませんでした。 すでに愛液が溢れて膣口からあふれ出ていました。

>

父と体を重ねました

そのあとはフェラをしました。 『あぁやわらかい・・小さくてピンクで可愛い乳首だ・・』そういって、乳首をしごきながら胸をしっかり揉んできました。 嫌がるそぶりもなく飲み干した私を父は愛おしそうに抱きしめて 『ありがとう。 私は母の分も父のペニスを根元まで咥えて裏筋やカリ首をなぞってあげました。 『少しだけ、奏の生まんこにいれさせて・・・』 さすがにびっくりして拒否しましたが、父は食いさがってきました。 『すごくピンクできれいなおまんこだ・・・まるで処女のまんこみたいだ』と目を細めました。 『写真に撮ってもいい?』 そういって私のおまんこを正面から一枚、父のペニスの頭をうずめたものを一枚 携帯で撮影されました。

>

父と体を重ねました

今はこれで満足。 私は一人で二階で寝ていましたが、父がやってきました。 私は処女ではありませんが 『それに、おまえのまんこは小さくて可愛いんだね・・』 そういいながら愛液を掬い指でクリトリスを愛撫、舐め始めました。 『なに、娘相手に大きくしはじめてんの・・・』 そういうとパンツをおろしペニスを露わにし、『フェラしてくれる?』というので私はすぐ可愛がってあげました。 するとかなり気持ちよくなった父はとんでもないことを言い出しました。 ベッドへ戻るとゆっくり押し倒されて愛撫が始まりました。 父は、私を満足させたいとバイアグラを通販で頼みました。

>

父と体を重ねました

』 母には買い物にいってくると嘘をつき、私たちはホテルへ行きました。 ちょっとやばいんじゃないかな・・と思いつつ、了承すると、父は私のパジャマをまくり上げ、子供の頃見た時よりはるかに膨らんだ私の乳房を見て、『大人になって・・・』と目を細めました。 『奏と本当に一つになりたい、出さないから、お願い・・・』 『ダメ・・コンドームつけてくれたらいいよ・・』 『じゃあ、コンドーム買うからホテルに行こう。 また、次回の父との話もここで書き込みできたらと思います。 聞けば、母はフェラを嫌がる人でほぼしてくれなかったそうです。 。

>

父と体を重ねました

父も、久々の生での挿入、しかも相手は自分の実の娘であることに精神的に興奮を覚えたのでしょう。 実は翌日生理予定で安全日だったので、『少しだけね・・』と了承し、 まだ人さし指程度の長さにしかなってない柔らかいペニスを挿入しました。 洗いっこしたあと二人で浴槽に入ると、父は背後から私の胸を揉みながら 『あぁ、夢みたいだ・・・』と至福の表情を浮かべていました。 『お前が、腰を動かしてお父さんを求めてくれるなんて嬉しくてすぐにいっちゃった・・』 私は、お掃除フェラをしてあげることにしました。 そして、父の顔がわたしのおまんこの前に・・ 『ついにここを見ちゃうよ・・・』私のビラビラを開き入り口を露わにしました。 3回ほど腰を動かしたら 『あぁ、やばいっ』というので抜いたらなんともう射精していました。 『少し、触ってもいい?』了承するや否や左の乳房を掴みました。

>

父と体を重ねました

一人離れて実家で痴呆の祖母と暮らしながら仕事をして日々を過ごす父。 それでもまた人差し指程度には大きくなりました。 父は欲求不満と寂しさを解消できず、さらに祖母の事でストレスがたまり限界だったようです。 この日はこれで終わりです。 零れ落ちた父の精子を舐めとってしゃぶっていると、 『あぁもうちょっと出そう・・飲んでくれる?』 私は少しあふれ出てきた父の精子を飲み干し、ペニスを吸い上げました。

>