平沢 進 インタビュー。 HIRASAWA SUSUMU 激烈インタビュー

平沢 進・激烈インタビュー by 池部楽器店

現役ミュージシャンで音楽配信や著作権、補償金の話を聞くのに、これ以上ふさわしい人はいないだろう。 HS:そうです。 それでもやってたんです。 何故かというと、テレビの原理をちゃんと理解してた訳じゃなかったからです。 例えばステージでチャットをやったりとか。 (笑)プログレでもナイロン弦を使っているバンドって、そんなにいなかったですよね。

>

【本人降臨】独創的アーティスト「平沢進」は何を考えながら作品を創っているのか?

「とにかく思ったとおり叩いてくれ」と。 (笑) HS:色々なギターを弾いたけど、総合的に見て演奏しやすさという意味ではレスポールが一番相性がいいみたいです。 音楽の授業は大嫌いで、絶対に声を出して歌わなかった。 TALBO ICE-9の予約はイケベ楽器店の通販サイトにて取り扱い中。 あえてビジネスモデルというならそこから発想しなければ駄目でしょう。 GRECOのレスポール・タイプを押入れにしまって、そしてモトクロスへ。

>

インターネットのパイオニア、核P

ちょっと複雑ですが、話してみましょう。 逆に言えば、それをやらないからミュージシャンは自由になれないのだということを見せたかったんです。 CAMPFIRE 「SAVE THE GOK! それもドアをノックするでもなく、声をかけるでもなく、ただドアのところにヌっと巨体が立っているのを発見し、慌ててこちらから駆け寄った次第です。 編 : 旧来のメジャーのシステムもいらないと。 『Bars and Pipes』のご利用期間は? HS:長いですね。 音の先頭にクリックノイズが出るんです。 ストリングスの清涼感と暗さと重さはすごく好きですね……さわやかなだけじゃなくて、暗く重くないと駄目なんですけどね(笑)。

>

【本人降臨】独創的アーティスト「平沢進」は何を考えながら作品を創っているのか?

それこそ、レコード会社に気に入られなければいけないし、限られた予算のなかで作品を仕上げなければならない過程では、たくさん諦めなければいけないことがあるわけです。 13万から購入可能!予算に合わせてカスタマイズせよ• 掲載日: カテゴリー ,. あららら! HS:事故後面白い話があって、もう一度音楽やろうという流れになります。 そこでは、P-MODELが用意したカラオケとローマ字表記の歌詞を置いておきます。 はっきり認識しなければいけないのは、著作権というのは著作物を作った人間そのものに属する訳で、それを保護するのは、法律なんですよね。 むしろネットが主流となった今は、すでに興味を失っているところが多いですか? テクノロジーの進化そのものは今でも純粋な動機によるものがあると信じています。

>

平沢進

自分でもびっくりしました。 を追う毎に高まるオーディオ、及びポスト・プロダクション向けの強力な編集機能が、業務用スタンダードとしての地位を確実なものに。 おいしい声ってあるじゃないですか……瞬間瞬間にね、そこにこだわって歌を録っていくんです。 これまで二度に渡り、音楽使い平沢進さんのをご紹介してきた。 エレキバンド自体が珍しい上に小5がエレキ弾いてますからね。 シン・リジィの故郷であるアイルランドまで行ったり。 これまで平沢さんは、いわゆる「ロックのイディオム」を嫌い、それを避けていたように思います。

>

平沢進の愛用ギター、TOKAI TALBO ICE

それで中村さんに「おまえ、もう音楽やらないのか?もう一回やれ」と言われて「はい」と即答しました(笑)中村さんの演奏は一度しか見たことなかったけれど、すごいギタリストだと思ってましたし、存在感が半端じゃなかったので、密かに憧れていたからでしょうね。 しかし、日本のインディーレーベルの多くは大きくなるに従って必ず「流通の壁」にブチ当たるという。 平沢 結局、AKAIのS1100に落ち着いています。 確かに出来栄えはいいんですけど、僕の頭の中にあるストリングスの音は、大きなホールで鳴らしたもので、スタジオの中でそれを再現するのは難しいんです。 ただ、グラフィカルなものでも熟達は生じます。 それでストリングスが増えて、ビートものが減って、ギターも減った(笑)。

>