リアリティ ヴォイド。 【魔天リアリティ】

ランデス

特にに対しては、に対する妨害の対策として終盤の詰めで一気に豪快なを行うこともある。 長所 [ ] がうまく決まれば確実に相手のを根こそぎ全て奪うことができ、場合によってはに加えも奪うことができる。 速度が速いのでが成立する前に倒されやすい上、そもそもが多いのでが効きづらいという共通の弱点があるからだ。 また、ややなどの新たなタイプのランデスが出現したのもこの時期である。 突如現れた虚空への入り口は、容赦なく現実を貪った。 主にを使用したや、などの入りのが該当。

>

《天雷王機ジョバンニX世》&《ブラッディ・クロス》デッキ/デュエルマスターズ研究所(デッキ集)/カードキングダム

投稿済み質問・回答の修正は、投稿者のみ可能です。 だからこのデッキには1コスト呪文が15枚も入っているのか。 勝ちを第一に狙うやならともかく、戦ではあまりやり過ぎない方が無難だろう。 だがその真価は、サイキッククリーチャーを対象にしたときに発揮される」 ハリー 「呪文の効果でサイキッククリーチャーが手札に行った時に、サイキックのルールで超次元ゾーンに戻って、そのあと手札を破壊。 1枚で2枚に対処できる超次元対策ですね」 最後に いけっち店長「今回は光水闇版を紹介したけど、火を使って《爆走戦鬼レッド・ライダーズ》&《ドリル・スコール》のマナ破壊特化型も人気があるぞ」 ハリー 「ん~、事故率が高まるのを承知で火入りの4色にするか、それともデッキ破壊の闇をあきらめるのか、難しいですね~、って、どれにしたって嫌なデッキじゃないですか!」 いけっち店長「このデッキが苦手なのは、コンボが動き出す前にプレイヤーを倒しに来る速攻デッキ。 主に系の全般、【ランデスサファイア】やが該当。

>

《天雷王機ジョバンニX世》&《ブラッディ・クロス》デッキ/デュエルマスターズ研究所(デッキ集)/カードキングダム

「編集」ボタンで、そのFAQを編集できます。 の採用されるも良いだろう。 仮になどで凌がれても、さえ奪ってしまえば反撃することはほとんど叶わなくなるため、勝敗は決まったも同然となる。 このを高速して勝負を決めるは後ので活躍する。 の用語の転用の一つ。 【ランデス】 [ ] の分類のひとつ。

>

リアリティ・ヴォイド

いけっち店長「そしてこのカードを、こうコンボさせる」 《ガード・ビジョン》+《ブラッディ・クロス》+《ジョバンニ》=? ハリー 「えっと、まず《ガード・ビジョン》で相手のデッキを見て、上から強いの・強いの・弱いのと並べて、《ブラッディ・クロス》で、お! 対戦相手は弱いカードしかドローできない! しかも《ジョバンニ》で2枚とも回収できるから、毎ターンこのコンボ!?」 いけっち店長「そう! さらにこうだ!」 《ガード・ビジョン》+《ガード・ビジョン》+《ブラッディ・クロス》+《ジョバンニ》=? ハリー 「1枚目で相手のデッキを見て、2枚目で自分のデッキを弱いの、弱いの、強いのにして、《ブラディ・クロス》で、相手は弱いドローなのに自分はトップデッキし放題!? しかも上2枚が1コスト呪文なら《ジョバンニ》の回収枚数が増えてさらにお得!?」 いけっち店長「ここに《ガード・グリップ》が加わるとさらにすごい。 なお、の一つであるはのでからできるため、が疑似的なにもなっている。 かつて、においても 『最も残酷な戦略』と称された事があり、でもそういったの紹介は中々されなかった。 ・・・、でもしょせん1コストのカードは効果も小さいのでは? 《デ・バウラ伯》の方が回収できる範囲も広いしサイズもでかいしで、《デ・バウラ伯》増量でいいんじゃないですかね?」 いけっち店長「たしかに《デ・バウラ伯》に限らず、デュエルマスターズには墓地から呪文を回収するカードは何種類もある。 また、はそのから相手のが溜まりやすいため、などを使えば相手のもすっからかんにでき、より妨害できる。 参考 [ ]• ハリー 「なるほど、1コストの呪文を回収できるカードなんですね。 これらは直接のではないものの、同じくに対する妨害札としてに同時投入される。

>

《天雷王機ジョバンニX世》&《ブラッディ・クロス》デッキ/デュエルマスターズ研究所(デッキ集)/カードキングダム

ランデスをのメイン、または補助として多数搭載するデッキのこと。 またなどはのを強要する。 手段を用意するのも良いだろう。 や、など、優秀なランデスの中にはになっているものも多い。 の主流がになったことで、の主役はとなる。 一気に相手のを空にする一撃必殺タイプ。 の合うと合わせるのも良い。

>

DM

主な疑似ランデスカード [ ]• これによって達成のためにはをどうするかという新たな課題が生じた。 同様の理由からが手札に来た際は優先的にしてしまいたい。 を崩すだけでなく、やの対策としても効果的。 目覚めた龍は一つ身震いすると空へと登った。 その分に対してはめっぽう強く、や等を積んでいないの場合、一方的な展開に持ち込めることも珍しくない。

>

DM

大会で勝つためには致し方ないが、で使用すると嫌がる人もいる。 大きく分けて4タイプに分類される。 《ガード・グリップ》、《ガード・ビジョン》、《ブラディ・クロス》、とにかく連打だ! 《リアリティ・ヴォイド》も引けていたら、早めに使って相手の出足を止めておこう」 ハリー 「どうせ《ジョバンニ》コンボで回収できますからね。 [ ]• 逆に言えばランデスを行う上で相手ののを減らすことは意識すべきである。 などがある。

>