ベティ ブルー。 映画ベティ・ブルーはフランスを代表する悲劇!ネタバレと感想

ベティ・ブルー 愛と激情の日々 : 作品情報

。 「愛と激情の日々」なんて噴きだしてしまうくらいに陳腐で安易な表現ではないか。 女優のデビュー作であり代表作に数えられる。 外部リンク [ ]• その後、彼の新しい小説を読んだある出版社から彼と契約したいと言う電話が入ってきた。 夏の蒸し暑い日、夜明けの美しい空に思いを馳せながら『ベティ・ブルー 愛と激情の日々』、また1度ご覧になってみてはいかがでしょうか。 なぜならゾルグにホロッと来る女性視聴者のほうがベティに恋する男性視聴者よりも断然に多いはずだからです。

>

ベティ・ブルー

楽しくペンキ塗りをするベティ。 そのまま逃げるようにパリに向かった二人はベティの親友リサの家に転がり込み、彼女はゾルグの肉筆の原稿を出版社に送るために毎日タイプライターに向かい始める。 勢い、部屋で言い合いをする二人。 その彼女の抑制できない感情を「愛」とか「激情」と言ってしまうことにオレは強い違和感を覚える。 外部リンク [編集 ]• 不幸な結末ながら、映画を見終わった後の不思議な清々しさも心地良い。 「考えていたんだ」。 その傍らでベティのようなキュートな白い猫が、原稿用紙に向かうゾルグをじっと見つめていた。

>

ベティ・ブルー 愛と激情の日々(デジタルリマスター版)|MOVIE WALKER PRESS

怒って部屋の家具を外に放り出しはじめるベティだったが、ゾルグが書いた小説をみつけて「これは何?」と言う。 」旨の返事を知ったベティは「病院にいく」と嘘をついて編集者の自宅に押し掛け、 刃物で編集者の頬を切りつける。 本能のままに愛し合う男女の姿を赤裸々に描写した、その衝撃的な内容と鮮烈なビジュアルで公開当時はを始め、世界的なロングランヒットとなった。 DVD発売元である20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパンは監督の意思を尊重し、「完全無修正版」の発売を試みたが、税関において1シーンのみが猥褻なものとみなされ、修正を余儀なくされた。 はたしてこれがベティの求めた愛だったろうか。 彼がどんな小説を書いているか友人と会話をするシーンがあるけれど、『コメディか?推理小説か?』だなんて、彼も自分がどんな小説を書きたいかよく分かっていないんだ」 「ベティはゾルグにとって、自分が本当に望んでいることを行動してくれる存在。 ゾルグは新しい小説を書き始めた。

>

ベティ・ブルー 愛と激情の日々(デジタルリマスター版)|MOVIE WALKER PRESS

彼は刹那的な「幸せ(に見えるもの)」に酔っていただけなのではないだろうか。 暮らし始めるうちに「こんなことしてるのは俺じゃない。 やがてエディの母が死んだという電話が入り、みなはエディの故郷に向かった。 結末で彼は精神を病んで廃人となったベティの命を奪う。 近所でスーパーを運営する夫婦と知り合う。

>

ベティ・ブルーとは

日本公開時、「『ベティ・ブルー』を低俗なポルノ映画の次元に引きおろさせてはならない」という強い信念の元、監督自らが来日してに抗議したが、監督の望みは叶わず、全てのシーンにおいて修正が付け加えられ公開された。 主人公以外の出演者も少々ネジが外れているので笑える箇所も多いが、後半になってベティが弱ってくる辺りから圧迫感が激しくなってくる。 ベティの怒りは収まらず、とうとう彼女は火のついたランプを家に放り込み、家を全焼させてしまう。 終盤からラストにかけて一気に転落していくあの展開にはちょっとついていけませんでした。 「愛するがゆえに殺す」ラストは「カッコーの巣の上で」へのオマージュか。 もしベティがゾルグの中に潜行する彼の自我だったとしても、彼女が実在していたとしても、ゾルグが最後静かに書き綴る小説はきっと彼が傾ける愛から生まれたものでしょう。

>

映画『ベティ・ブルー 愛と激情の日々』あらすじとネタバレ感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

こればかりは仕方ないのですが、最初は「本なんて暇つぶしだ。 そこに家主が現れる。 撮影:ジャン=フランソワ・ロバン• おそらく日本人男性からしたらベティなんて怖いだけじゃないかな。 ただただ泣くことしか出来ないベティを、ゾルグは懸命に抱きしめることでしかなだめられなかった。 ゾルグは白猫に向かってそう答えた。 ベティの怒りは収まらず、とうとう彼女は火のついたランプを家に放り込み、家を全焼させてしまう。 監督作品は少ないもの、また彼の映画を観たいと待ち望んでいるファンの方はたくさんいらっしゃるはず 私もその1人です。

>

『ベティ・ブルー』その狂おしすぎる愛の姿に、好き嫌いも激しく分かれた |CINEMORE(シネモア)

しかしながら街の風景や田園風景、部屋の細部に至るまで、その色彩の美しさには見とれてしまう。 すると、血まみれの自宅、近所のスーパーのおやじが震えながら 「ベティは片目をえぐった。 そしてまた机に向かい、原稿を書き始めた。 「ベティは足を折った野生馬だ。 日本でも1987年の初公開時より、クチコミを皮切りに度重なるアンコール上映やビデオ化、その後1992年に新たなディレクターズ・カット版(「ベティ・ブルー インテグラル完全版」)の公開を経て、若者を中心に熱狂的信奉者を生みだした。 今度はぜひ日本映画でもベティより頭のおかしい女を見てみたいですね。

>

『ベティ・ブルー』その狂おしすぎる愛の姿に、好き嫌いも激しく分かれた |CINEMORE(シネモア)

翌朝、家主がやってきて「女を住まわすな」と文句をつけるが、それは500軒あるコテージのすべての壁のペンキを塗るという仕事を押し付けるための口実。 ベティはウェイトレスをしていたが、店のマスターに嫌気が差し、足の向くままにバンガローにやってきたのだった。 自由奔放なベティと優しいゾルグは激しく惹かれ合い、一緒に暮らすことに。 ゾルグは「30歳になってようやく僕は人生を生き始めた」と思う。 で、肝心の物語はどうなのか。 1992年に60分弱の未公開シーンを付け加えた「インテグラル」が公開された。 ペンキ塗りばかりで日々を過ごしてゆく事に耐えられなくなったベティは、ヒステリーを起こして家具や食器を外に投げつけてしまう。

>