三 連 単 フォーメーション 買い方 おすすめ。 レースで使い分けれる!競馬フォーメーションの買い方10選 | 競馬サイト調査局

三連複フォーメーション・ボックスのおすすめの買い方を紹介!|競馬予想・競馬情報ならJRA

2着が 12番人気のヘイハチピカチャンで、3着が 10番人気のファイヤーヒースという結果になりました。 青のカードと同様に、競馬場名、レース番号、式別、買いたい馬の番号、金額を記入します。 他の馬よりも明らかに抜けた力を持っている馬が1頭いるようなレースではこのフォーメーションで200円ずつ買っても良いでしょう。 また、単純に不的中時のリスクが高くなる、というのがデメリットではあります。 JRAカードを持っていない一般会員よりも 一週間早く予約でき、JRAカード会員のみ申し込める先行抽選に加え、一般抽選にも申し込めるので抽選チャンスが1回から 2回に増えます。 これを三連単で同じ5頭ボックスで購入すると、買い目点数は60点です。 上記の通り、まだマークカードに慣れていないという方は 「緑のカード」を使えば間違いないでしょう! 三連単(通常、軸1頭流し、軸1頭流しマルチ、軸2頭流し、軸2頭流しマルチ、ボックス、フォーメーション)それぞれの買い方 三連単には、今回紹介した「フォーメーション」以外にも買い方があります。

>

三連単おすすめの買い方見つけたかも知れへん

一方で、ボックス買いは「選択した馬すべての組み合わせを買う」ため、フォーメーションやながしに比べ、買い目の点数が多くなりがちなのがデメリットです。 2着までの2頭を選ぶ馬連なら、18頭立てのレースで組み合わせの総数は153通り。 一方、気を付けなければならない点は、 買い目が多くなってしまうことです。 点数としては頭に3頭おいて印が9点だとすると、21点+21点=42点 頭に2頭で印が9点だとすると14点+14点=28点 荒れると思えば印=紐は思い切り広げても「あなたが荒れると踏んだなら」本当に変な馬が突っ込んできたとき「ウッヒャッヒャ」と言った馬券になるかも知れません。 例えば、三連単の5頭ボックスだと買い目は60点、6頭は120点、7頭は210、8頭は336点が必要になります。

>

三連単フォーメーションおすすめの組み方

軸にする馬は、1着だけではなく 2着や3着に固定することも可能です。 人気馬1着固定の危険性 まず1着に人気馬(1番人気)を固定しても3連複より3連単のほうがリターン効率が悪い。 この質問に答えるとすれば、「 レースの結果を見てからでないと正確には分からない」という事になります。 三連単の的中率を上げるコツ 三連単は的中率が最も低い馬券なので、的中率を上げるコツというものは正直ないと思います。 難解なのは1頭目から複数の馬を選択し、重複もある場合で、前述の計算ページや自動発売機に頼りたいところです。 」とお考えの方にはおすすめできない買い方です。

>

三連単馬券で勝つ方法(効率の良い三連単フォーメーションの解説等)

ただ、ひとつだけ自動払戻機でお金を受け取れないケースがあります。 3連複とは? 3連複は、1着から3着に入る馬3頭すべての「馬番の組み合わせ」を当てる馬券です。 最後に3連単フォーメーションの注意点のお話をしていきたいと思います。 上記の例では、3頭目は4頭、2頭目は2頭ですので、(4-1)+(4-2)=5通りです。 もちろん多少オーバーしても大丈夫だと思いますが、40点以上になると競馬の収支がマイナスになりがちなので30点以下に抑える努力をしてみてください。

>

三連単買い方のおすすめ!【10万馬券】そもそもアナタはドッチ?

下に最近の実例をご紹介します。 3連複ボックスとは 3連複のボックスは、買いたい馬すべての組み合わせを、同一金額で購入する方法です。 人気が1頭だけ飛び抜けている時に検討したい買い方ですね。 その7パーセントの決着で得られるリターンなんぼですか? 小頭数ですし極端な例ですが2018年3月のチューリップ賞は1、2、3番人気決着で三連複の配当は410円。 ここでは私が購入する三連単フォーメーションをいくつかご紹介したいと思います。 三連単フォーメーション「1-2-6」 三連単フォーメーション「1-2-6」は買い目点数10点、100円賭けなら1,000円で買える買い方です。

>

【レースマップ】3連単馬券(流し)の正しい買い方から払い戻しまでの流れ

そこに上位人気馬が多く入っていれば、「馬券が当たってもマイナス」になってしまう可能性が高くなるのです。 私のメインは三連複フォーメーションなのですが、このフォーメーションの理解度が深くなればなるほど、三連単でも少ない買い目点数で的中出来る様になったのです。 もちろん買い目を少なくすればするほと的中率は低いですが・・。 競馬の初心者の方には三連単は正直オススメしません。 「3着以内に入れそうなのは5頭だけ。 この他、ひとつの着順に 軸馬を2頭選ぶという買い方も可能。 特に、三連複と三連単で使われることが多く、流しやボックスより細かいカスタマイズが可能なため、ピンポイントで好配当を狙っていけるのがメリットです。

>

3連複フォーメーションを基本からおすすめの買い方まで徹底解説!

だから、目の前のレースで3連複フォーメーションを活用するときに、 1番人気の見極め、穴馬の選定をやってみませんか? で、「あなたの選定結果がどうであれ」1番人気は自動的に2列目の一頭に入れる。 2016年(平成28年)までの歴代トップ10の配当金額はすべて1,000万円以上となっていて、3連単は的中しにくい分、少しの投資金額で大きな配当を得ることが可能です。 1頭軸マルチ+5頭だと全部で6頭しかピックアップできませんが、 フォーメーションにすれば3着以内に入りそうな馬の数を増やすことが出来ます。 1~3着の3頭を順番通りに当てる3連単に比べれば、3連複は当たりやすい馬券です。 組合せ総数を減らせる=購入資金を節約できるフォーメーションを有効活用したいものです。 馬連/ワイド/3連複などでメインの馬券を構成して、「ボーナス馬券」として三連単を予想印の本線だけ買う…なら10点やそこらでも10万馬券は当るかな…と思います。

>