バンコク ニュース。 タイの日本語新聞&ニュース

時事速報:アジア/バンコク版-時事通信社

国内最大発行部数(100万部)。 取るに足りないことのようだが、私は感動し、結局、作品のヒントを与えてくれた。 ライオン、社内の生協売店に洗剤類「リフィルマシン」を設置• 政府系ファンドへの出資呼び掛け=閣僚2人が訪日-インドネシア• 外食ゼン、タイ料理店の販売網拡充で新形態店舗開設=屋台式で-タイ• キンプトンマーライバンコクに滞在中Nuiシェフに会い、アートとアップサイクリングに対する私の情熱について語り合った。 本社は、 チョンブリー県( タイ中部)バーンラムン郡パタヤ特別市。 今回のデモは、大学生や高校生など若者を中心に5万人を超える人が参加するとみられていて、19日夜遅くまで集会を行った後、20日早朝に、政府の施設などに向かって行進し、要望書を手渡すとしています。 新聞は週刊発行だが、ウェブ版は頻繁に更新。 〔アジア外為〕総じて上昇=ウォンは下落(8日)• その1人のアヌラック氏(52)は保釈後、西日本新聞の取材に「抗議活動は小規模で感染拡大や治安悪化につながらない。

>

新規感染者は1桁続きなのに…タイの非常事態、なぜ再延長?|【西日本新聞ニュース】

【タイ】タイ保健省は2日、ミャンマーから陸路で密帰国し14日間の隔離を行わなかったタイ人がタイ国内で新型コロナウイルス陽性と確認されたケースが11月26日以降10人になったと発表した。 また、王室を擁護するグループが王室への批判は絶対に許さないとして若者たちを非難する集会を各地で開くなど、国民の分断が深まっています。 チェンラーイ県( タイ最北部)発の英語ニュースサイト。 背景にあるのが、4年前にプミポン前国王が亡くなり、現在のワチラロンコン国王が即位したあとの王室に対する国民の意識の変化です。 10~15万部を発行。 。 [英語、ロシア語、タイ語] プーケット県( タイ南部)に拠点を置く英字紙。

>

タイの日本語新聞&ニュース

タイのレストラン情報など。 特にSNS上では、国王の権限が強化されたことなどに疑問を投げかける投稿がさかんに行われるようになり、先月からは集会やデモで王制改革を求める声が上がるようになりました。 こまめに更新。 タイの日本語情報誌 ニュース以外の最新情報 [日本語] バンコクで発行されているフリーペーパー。 【タイの会計・監査とIFRS】第25回 「IFRSとタイ会計基準における後発事象の会計基準」 日本国公認会計士 角田 敦 《自動車》• バンコクの女性(21)は11月28日早朝に国境を越えてチェンライ県に入り、バイクタクシーと配車アプリによる乗用車を乗り継いで、チェンライ空港に到着した。

>

新規感染者は1桁続きなのに…タイの非常事態、なぜ再延長?|【西日本新聞ニュース】

一方でプラユット政権は、憲法の改正については前向きな姿勢を示していて、国会で本格的に議論を始めようとしています。 9日の朝刊(都内最終版) 《お知らせ》• 全てが会員制、貧乏厳禁の最難関、札びら切ってバンコクの頂点へ!ラウンジ Lounge。 本社は、バンコクのチャトゥチャック区。 米、中国共産党員のビザ厳格化=影響力工作に対抗• [日本語] タイの日本語フリーペーパー。 日本の大手通信社「時事通信社」が運営しています。 [日] タイ語ニュースを日本語に翻訳・掲載。 日出づる国より来たりし、猛き侍たちよ、その愛刀を鞘より解き放て。

>

タイ・バンコク最大級の風俗まとめサイト|外道侍

お店情報も掲載。 [日本語] タイのニュースを多数掲載。 首都バンコクで発行されています。 農村部からバンコクなどへの出稼ぎで家族の生活費を賄う人も多く、景気や雇用の悪化はこうした人々の暮らしを直撃し、人々の不満が高まる要因ともなっています。 RCEP署名でタイ中関係さらに深化=KPMGタイ予測• マレーシア21年の経済成長率5.1%=政局不安がリスクに-メイバンク・キム・エン予測• 若者たちが求めている王制改革について、プラユット政権は消極的で、王室への批判に対しては断固たる措置をとる姿勢を崩していません。

>

タイ バンコクで反政府デモ 憲法改正や王制改革など訴え

また、プラユット政権が発足以来最大の危機を迎える中で、軍が秩序を回復するという目的で再び軍事クーデターを起こすのではないかという見方も若者たちの間で根強くあります。 最近の新規感染者数は1桁が続いており、野党などは「権力維持のために宣言を政治利用している」と批判を強めている。 1976年より発行されています。 ロシア語&タイ語版のニュースサイトも運営。 タイの スポーツ新聞 や 芸能ゴシップ紙 をご紹介。 首都バンコクで発行されています。 今年1~11月の一時解雇者数、9.9万人超に=新型コロナで-マレーシア• [日本語] 「タイに進出した日本の製造業者」のニュースを下段に一部掲載 「週刊タイ経済」提供。

>

タイ バンコクで反政府デモ 憲法改正や王制改革など訴え

タイは日系の自動車メーカー各社が生産拠点を置くなど、輸出産業が経済のけん引役ですが、こうした輸出産業の落ち込みや、外国人旅行者が入国できなくなったことによる観光業への深刻な打撃が景気や雇用の悪化につながっています。 更新は やや緩やかです。 [日本語] タイのニュースを多数掲載。 1950年発刊。 ただ、憲法改正には複雑な手続きがあり、4、5年はかかるとの指摘もあることから、若者たちの間では、憲法改正の議論は単なる懐柔策で、時間稼ぎにすぎないという見方が広がっています。 1人当たりの平均消費額30%増目指す=新型コロナ収束後の外国人観光-ユタサック観光庁総裁・タイ• [日本語] 記事の見出し(箇条書き)を掲載。

>