後味 の 悪い 映画。 後味が悪い映画作品のオススメTOP15!鑑賞後にモヤモヤ必至

トラウマになるほど後味が悪い映画 ベスト10

第9位『それでもボクはやってない』司法制度に疑問を投げかける 周防正行監督が長期に渡って徹底的な取材を重ね、刑事裁判が抱える問題に疑問を投げかけた意欲作。 そういえば今年のお正月には確か「特集」とか言って「」と「」を連続して放送していたんだけど企画した人、一体何がしたかったんだろう……? いや、やりたいことはなんとなくわかるんだけど、お正月だぜ……? 他にもまだ有名どころで見てない映画がたくさんあるので、ぼちぼち見ていきたいと思います。 ある日、夫は仕事先で出会った受付の娘と少し言葉を交しただけで、彼女に好意を感じてしう。 もう、誰も信じられなくなります 冒頭のシーンから、「あ、この映画なんかおかしい」って感じます。 そんなある日、マギーは汚いやり口で有名なボクシング選手と対戦することになる。 キャスト・スタッフ 【キャスト】 竹内結子、橋本愛、坂口健太郎、滝藤賢一、佐々木蔵之介 【スタッフ】 監督:中村義洋 原作:小野不由美 脚本:鈴木謙一 音楽:安川午朗 感想・評価 曰くつきのマンションの謎を解明していくミステリー・ホラー作品。

>

鬱・暗くなる・後味悪い映画勝手に25選

彼女には息子が一人いた。 それは、子供に対する性的虐待や、臓器移植などに対する内容からです。 自称作家の青年トムは彼女を匿うことを提案し、グレースは住人たちに受け入れてもらおうと努めます。 主人公がビニールか何かでぐるぐる巻きにされた死体を、後日、彼女の夫が女のテントのなかで発見するのです。 このシーン、今は大好きなんですけどね。 ナオミ・ワッツもティム・ロスも有名俳優なので、フィクションだなぁと割り切れて観れましたが、 オリジナルのオーストリア版は、俳優も全員地味で、逆にそれがリアルでホラーもプラスされてかなり薄気味悪いです。 大まかな流れが書かれた数ページの台本だけを用意し、ほぼ全編がアドリブで演じられています。

>

ネタバレあり!後味の悪い映画ランキング【胸糞・鬱映画】(16~20位)|ランキングー!

そこへやって来たのが、っぽい旅人の女。 でもやっぱりストーリーは面白いなぁ。 彼女は隙を見てなんとか男から逃げようと試みるが…。 そこには、精神を病んだ患者たちを収容する病院があった。 有名どころ• 後味が悪いというより、 救われない結末に胸が苦しめられる感覚。 私はこの映画を見てから、必ず家の鍵を掛けるよう心がけてますw セブン デヴィッド・フィンチャー監督 出演者:ブラッド・ピット、モーガン・フリーマン、グウィネス・パルトロー こちらも超超有名・名作・ THE後味の悪い映画ですね。 母を演じるの演技がところどころコミカル?に見えるのが、唯一の救いでしょうか。

>

【話題】重たい刺激…後味の悪い名作映画ランキング 3位 ダンサー・イン・ザ・ダーク、2位 嫌われ松子の一生 、1位は… [muffin★]

彼は「日本人の子供がタイで心臓移植手術を受ける」という情報を入手。 他にもいっぱいあると思う。 ライオネル・シュライヴァーの同名小説を『ビューティフル・デイ』のリン・ラムジー監督によって映画化した作品。 休暇を過ごすために湖のほとりの別荘へ来たショーバー一家3人の元へ、見知らぬ男が訪ねて来ます。 1人の少女が生まれ育った。 1』 2014 『ハウス・ジャック・ビルト』 2019 出演者:ビョーク 代表作:『グラストンベリー』 2007 『ビョーク 「バイオフィリア・ライブ」』 2014 出演者:カトリーヌ・ドヌーブ 代表作:『ルージュの手紙』 2017 『真実』 2019 『ダンサー・イン・ザ・ダーク』 2000 のあらすじ 女手一つで息子を育てながら、工場で働く女性がいた。 【関連】 ミュージアム あらすじ 現場に謎のメモが残される事件が矢継ぎ早に発生するが、その事件は雨が降る日のみ起こっていた。

>

【話題】重たい刺激…後味の悪い名作映画ランキング 3位 ダンサー・イン・ザ・ダーク、2位 嫌われ松子の一生 、1位は… [muffin★]

その夜、帰ろうと車に乗ったクリスティンは襲われます。 ついでに、せっかくなのでと主人公は旅人の女を別荘に招き入れて、一緒に晩ご飯を食べたりするのですが、徐々に不穏な空気が……。 気になった方は、ぜひ見てください。 翌朝、彼女の部屋には見知らぬ男の死体があり、フェルディナンは彼女を連れてパリから逃げ出すことに。 全体を通してドキドキしながら、最後にドンっと突き落とされるようなストーリーでした。 忘れられる前妻。

>

【後味が悪い】バッドエンド映画おすすめ人気ランキング10選【トラウマになる鬱映画を紹介】

哀川翔や竹内力といったVシネマのスターたちを揃え、不穏な空気の中で進んでいく警察VS中国マフィアVSヤクザの抗争。 正直、古めの映画で、解離性人格障害にたいしての偏見は否めません。 記事の目次• 『キングコング: 髑髏島の巨神』などの脚本家として知られるダン・ギルロイが初めてメガホンを取った作品。 すると、彼の近くを通った上等兵たちが、彼を上官だと勘違いし始めたのだ。 。

>

トラウマになるほど後味が悪い映画 ベスト10

理想の家族と生活を築いたと考えていた彼だったが、21歳になった稔がとある事件を起こしてしまう。 その先にあるのは、目を背けたくなるバッドエンドです。 メンバーは6人。 それは、視力を失っていく病のこと。 当初は攻撃的だったも村人たちに感謝を示すようになっていた。 さらに、ジーンも手術をしないと同じ運命を辿ることがわかっており、必死でお金を貯めていたセルマでしたが……。 恐怖の中で人の精神が崩壊していく様子が一番怖かった。

>